トイレの排水管の水漏れは危険

トイレの排水管からの水漏れは、大きな問題になってきてしまいます。キレイな水が漏れてくるのではなく、使った水が漏れてくることを考えなければいけません。トイレ 水漏れとしても、大きな問題になってくるため、排水管からの水漏れの場合には、十分注意して対処方法を考えなければいけません。

■大きな被害になることがある

トイレの排水管は、見えないように作られていることがほとんどです。床下に通されていることが多く、便器と直結しているため、普段の生活の中で排水管を意識することがなくても、床下などに必ず設置されています。排水管と便器はパッキンを挟んで接続されているため、ここから漏れてしまうことが一番の問題です。使った水が漏れることで、臭いが出てくることにもなりますし、害虫が発生するなどの可能性も考えておく必要があります。知らず知らずのうちに床下などで汚水が漏れていると、大惨事になることもあります。


■パッキンの経年劣化

トイレの排水管からの水漏れは、便器を外さなければ、パッキンが交換できないところに問題があります。パッキンは経年劣化していくことが大きな問題になりますが、自力で交換するのは容易なことではありません。専門家でなければ到底できることではありませんので、専門業者に依頼して早急に復旧させることが必要でしょう。少量の水漏れを放置しておくと大きなトラブルが発生する恐れがありますから、出来るだけ早めに専門業者に相談することをおすすめします。




■まとめ
排水管にはそれほど大きな圧力がかかっていません。だからこそ、水漏れを発見するのが遅れてしまうケースも珍しくないのです。わずかな変化から気が付くこともあるため、その時にはできるだけ早い対応が必要になります。1か所から漏れている場合、ほかの場所でも水漏れが起きている可能性があるので、全体的な点検をすることが重要です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ