排水管の水漏れはトイレの交換チャンス

トイレの排水管の水漏れは、気が付きにくい部分を持っています。あとから気が付いたときには、問題が拡大している可能性もあるでしょう。早期に対応して問題が拡大しないようにしなければいけませんが、いっそトイレの交換ということも考えてみることもポイントです。費用がかかることにはなりますが、水漏れをきっかけにして大きなメリットも生まれてくる可能性が出てきます。

■便器を外すタイミングだから

トイレの排水管は、便器の下に接続されています。水漏れに気が付く状況は、接続部に使われているパッキンの劣化があげられるでしょう。水漏れがなくても臭いで気が付くこともありますが、どちらにせよパッキンを交換しなければいけません。ところが、この交換には便器を外さなければいけないのが大きな課題です。一般的な修理で外すことはまずありません。トイレそのものを交換することで劣化による将来の水トラブルを回避できるため、交換のタイミングに丁度いいと捉えるといいかもしれません。


■コーティングの劣化は寿命といえる

トイレの交換ということでは、パッキンの経年劣化だけではなく、コーティングも劣化してきている可能性があります。黒ずみが残りやすくなっていたりするのは、陶器の表面のコーティングが落ちてしまっていることも原因のひとつです。便器そのものの使用に問題はないものの、使用感が悪くなっているという意味では寿命がきているといっていいでしょう。水漏れを契機に交換してしまうのは理にかなった対処法のひとつです。




■まとめ
トイレの交換を考える機会はそうそうありません。パッキンは交換するだけで直りますが、他の部分の劣化が止まるわけではなく、連鎖的に問題が出てしまう可能性があります。交換することによって、水漏れが発生する大きな問題を解決できるようにもなるのですから、検討してみる価値は十分あります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ