排水管からの水漏れに対応する補修材

水漏れが起きた時に、修理する方法はいろいろとあります。水のトラブルに合わせて考えていかなければいけませんが、排水管の場合には、水圧がかからないため、水漏れの量がチョロチョロと少量の場合が多い特徴があります。水が漏れている部分をふさぐことでトラブルを解消できる可能性があることを覚えておくと便利です。

■穴を埋めるのであれば強度もあるパテ

排水管の水漏れの場合は、穴が開いていることが原因である場合がほとんどです。そのため、その穴をふさぐことで水漏れトラブルは解消できます。そのために使われるのがパテです。素材もいろいろとありますが、耐水性を考えるとエポキシ樹脂が使われることが多いでしょう。注意点として、水に濡れている状態では使えないことです。水を一旦止めて、修理箇所を乾燥させてから使うことが必要ですし、硬化するまでの時間は水に触れないように気をつけなければいけません。



■手軽に使える止水テープ

止水テープも補修に使われます。排水管に巻き付けるだけのものですが、最近では水に反応するものが出てきており、テープが密着して隙間をなくしていくことができます。施工も簡単ですが、巻き付け方を誤れば隙間ができてしまい、水漏れを補修することができなくなってしまいます。しっかりと密着させることが必要で、止水テープの特性も考えておかなければいけません。完全に水漏れを止めることができない場合もあるため、状況を考えて使わなければいけないでしょう。



■まとめ
市販のものでも補修材料はいろいろとありますが、工事用のものは使用方法が難しい場合もあります。素人では簡単にできないようなものもあるため、扱いはかなり考えなければいけません。特に養生時間が重要であり、しっかりと効果を発揮させるためにはどうしたらいいのかを考える必要があります。あくまでも応急処置であり、根本解決にはならないことも、検討事項として考えておかなければいけないでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ