排水管だけではないトイレの水漏れの危険

トイレは、排水管だけではなく、トイレの水を流すための水を運ぶために給水管も接続されています。水を供給し続けなければ、必要な時に機能を発揮することができません。水漏れは排水管、給水管、どちらにも起こりうることを頭の片隅に置いておきましょう。

■周囲に大きな影響を与える存在

トイレは汚物を排水管へ流すために、水を供給する機能も必要です。水流によって汚れを落とし、汚物を流すためにもなくてはなりません。災害が起きて水が供給されにくいときでも、お風呂の浴槽に水をためておいて対応することがあります。もしも給水管のどこかで水漏れが起きていれば、汚物を流すための水を供給することが出来なくなります。また、汚物を流す排水管で水漏れが起きれば、どんどん水浸しになっていってしまう可能性も持っています。周辺に与える影響を考えると、トイレは大きな危険もはらんでいる場所と考えられる場所です。


■道具を購入するぐらいなら

止水栓は給水管とトイレを結ぶ接続部品である以上、止水栓からも水漏れを起こす可能性があります。わずかな隙間でもあれば水が漏れてくることになるので、例外ではありません。交換するとなれば、専用の工具が必要になります。パイプレンチのように普段の生活では使わない工具が必要になるため、専門業者に依頼することがおすすめです。修理に必要な工具を実際に購入したとしても、ほとんど使わずに眠らせることになるからです。工具や部品を購入する前に、水漏れの状態を把握して、自力で直せるか、水道 修理を業者に依頼するかどうか冷静に判断することが大切です。



■まとめ
水があって初めて機能してくるのがトイレです。接続部品もいろいろとあることから、水漏れの原因も多数存在しています。水漏れが発生した場合、水の供給を止めなければ水浸しになってしまう恐れがあるのですから、なにか異常を見つけた時には、早期の修理を考えていくべきでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ